コーヒー名人
コーヒーの発祥

コーヒーの発祥はどこ?エチオピアが有力候補!


コーヒーは今では普通に嗜好品として飲まれていますが、元々はいつどこで産まれたものなのでしょうか?意外に知らない人が多いのではないでしょうか?

イエメンやエチオピアといった発祥に関するいくつかの説が有りますが、一体どれが本当の発祥地なのでしょう。

ここでは、コーヒーの発祥や伝説となっているお話ついて見ていきましょう。

コーヒー

スポンサーリンク

コーヒー発祥の地はエチオピア?

コーヒーがいつどこで初めて発見されたのかについては、正確には判明していません。但し、人類が発祥したと言われている古代アビシニア(エチオピア)の近辺だという説が現在では最も有力です。

コーヒーの発祥

エチオピアがコーヒーの起源だという説を、支える最も有名な逸話として「牧童詩人カルディの伝説」というものがあります。ちなみに、コーヒー等の直営小売店として有名な「KALDI(カルディ)」もこの逸話から来ています。

牧歌詩人カルディの伝説とは

牧歌詩人カルディの伝説は、以下の様な内容の逸話です。

昔、アフリカにカルディというヤギ飼いの少年がいました。

カルディはヤギを連れて山野を歩き回り詩を作っていたのですが、ある日、放し飼いにしていたヤギを呼び戻す為の笛をいくら吹いても、ヤギは1頭も戻っては来ませんでした。

探しに行くと、緑の木になっている赤い実を食べて走り回り、とても興奮しているということに気付いたのです。

カルディは、気になって赤い木の実を食べてたところ、疲れが取れ、気分爽快となったのです。近所の修道院の僧たちにもこの赤い実を食べさせると、眠気に負けずに修行が出来る様になり、「眠らない修道院」として有名になりました。

そして、このときヤギやカルディ達が食べた赤い実がコーヒーの実だったのです。

イエメンが発祥という説もある

エチオピアがコーヒー発祥の地として最も有力ですが、中にはイエメン(アラビア)が発祥だという説もあります。これは、「オマールの伝説」というコーヒー起源の伝説があるからです。

オマールの伝説とは

オマールの伝説は、イエメンが舞台となるイスラム寺院のお話です。

モカという街で疫病が流行っていたのですが、聖職者であるシーク・オマールが、祈祷によってモカの王女を疫病から救いました。

しかし、その後オマールは王女に恋をしたため、王様の怒りを買い、オウサブという山に追放されてしまいました。山の中では、小鳥が元気にさえずっています。よく見ると、赤い実を食べていたので、オマールはそれを持ち帰りスープにして飲んでみたところ、心も体も生き生きとして来たのです。

そして、後にオマールはこの飲み物(コーヒー)を発見した功績を讃えられ、聖者となりました。

以上の様に、エチオピアが起源とする説が有力ですが、エチオピアもイエメンもどちらを起源とする逸話でも、コーヒーは現在の様に「嗜好品」というよりは「元気の源」や「眠気を取って活力を生む」薬の様なものとして扱われていたことが分かりますね。

スポンサーリンク