コーヒー名人
何歳から

子を持つ親として、多くの方が気になる点として「何歳からコーヒーを飲ませてもいい?」「コーヒーは子供の成長に悪影響が有る?」というものが有ります。

親がコーヒー好きの場合、子供は毎日の様に親がコーヒーを飲んでいる姿を目にしています。そうすると「コーヒーが飲める=大人っぽくてかっこいい」という一種の憧れの様な気持ちが子供に芽生え、コーヒーを飲みたがります。

実際のところ、コーヒーは子供に良くないのでしょうか?飲ませるのであれば何歳になってからが良いのでしょうか?以下で見ていきましょう。

何歳から

スポンサーリンク

子供はカフェインが×

小さな子供にコーヒーを飲ませない方が良いと言われているのは、コーヒーにカフェインが多く含まれているからです。

カフェイン

カフェインには、中枢神経を刺激し脳を活発化させる(眠気を妨げる)作用や利尿作用などが有ります。特に小さな子供はカフェインの影響を受け易いので、少し摂取しただけでも具合が悪くなったり、寝付けなくなるといった事が有ります。

一方で、大人になると身体がカフェインに対して強くなっていくので、多少摂取しても反応がそれほど出ないという訳ですね。

但し、カフェインはコーヒーに限らず、様々な飲み物に含まれています。たくさん飲むと大人でもカフェイン中毒を引き起こす可能性が有り危険なので、注意が必要です。

カフェイン含有量が多い飲み物は?(コーヒーやお茶、エネルギードリンクが多い!?)

子供が飲むと背が伸びない?!

昔から、「子供がコーヒーを飲むと背が伸びなくなる」と言われています。これは本当なのでしょうか?本当であれば子供には飲ませたくないですよね・・・。

子供

この点について、コーヒーには成長ホルモンを阻害する様な成分は含まれていません。従って、コーヒー自体が子供の成長に悪影響が有るという訳ではありません。

しかし、上述の様にコーヒーにはカフェインが多く含まれています。カフェインを摂取すると眠気が妨げられるので、影響を受けやすい子が飲むと、寝付けなくなります。

そして、身長を伸ばす働きをする成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。コーヒーを飲むと夜寝れなくなるので、成長ホルモンが分泌されなくなる結果、身長が伸びにくくなる、という訳ですね。

この様に見てみると、コーヒーはやはり小さな子供は飲まない方が良いのかもしれないですね。どうしても飲みたがる様であれば、カフェインレスコーヒーを飲ませてあげるのも良いでしょう。

また、牛乳に混ぜる事で簡単にコーヒー牛乳を作る事が出来る「ミルメーク」であれば、小学生になった位から飲ませても良いでしょう(実際に、地域によっては小学1年生から学校給食で出る事も有る様です)。

Amazonでミルメークを見る方はこちら

12〜15歳くらいが目安

では、実際のところ何歳からコーヒーを飲ませ始めるのが良いのでしょうか?この質問に対する明確な答えを知っている方は、殆どいないのではないでしょうか?実際に、医者に聞いても明確な答えは返って来ないかもしれませんね。

中学生

しかし、コーヒー業界で大手のUCCは、ホームページ内のQ&Aでこの質問に対する回答を書いています。

そこでは、個人差があるものの1つの目安として「12〜15歳以上で体重が50kg以上」であればコーヒーを大人と同じ様に飲んで構わない、とされています。

また、10歳以下の子供は基本的にはコーヒーを飲まない方が良いですが、6歳以上であればミルクで4分の1くらいまで薄めれば飲ませても大丈夫でしょうとしています。

要約すると、以下の様になります。

  • 小学生になったら薄めたコーヒーはOK
  • 普通のコーヒーを飲むのは中学生になってから

これが、絶対に正しいとは限りませんが、ある程度成長してから飲ませた方が良いという意味で合致していますね。また、間違った情報を流すと企業としても評判が悪くなるので、この点については信用しても大丈夫そうですね。

スポンサーリンク