コーヒー名人
胃もたれ

コーヒーを飲むと胃もたれや胸焼けになる」という話を聞いた事は有りませんか?

胃もたれ

コーヒーは美容効果ガン予防糖尿病予防など様々な効果が有るという研究結果が出ており、習慣的に摂取する様にしたいところですが、胃もたれするのであればちょっと・・・と思ってしまいますよね。

そこで、ここではコーヒーを飲むと胃もたれや胸焼けになる原因や解消法などについて見ていきます。

スポンサーリンク

胃もたれとは?

胃もたれは、胃の運動機能が何らかの原因で低下したり、胃酸が分泌されにくくなったりする事で、食べ物の消化自体や消化したものをスムーズに十二指腸に送り出せず、胃の中で止まってしまうことで起きます。

症状

胃がもたれると、主に胃が重く感じたり、むかつき・鈍痛などの不快感を感じる様になります。

胃の運動機能が低下する原因は、不規則な生活やストレス、食べ過ぎなど様々有りますがですが、体質によって胃がもたれ易い方もいます。

胃の形は個人差が有り、胃が釣り針の様に曲がっている「鉤状胃(こうじょうい)」の方はもたれ易いと言われています。また、胃下垂(いかすい)の方も胃がもたれ易いと言われています。

胸焼けとは?

一方で胸焼けとはどの様な状態を指すのでしょうか。胸焼けと胃もたれの違いを知らない方は結構いるのではないでしょうか?

胃もたれと似て非なる胸焼けは、胃酸過多やお腹の圧迫などにより、食道と胃をつなぐ筋肉(逆流を防ぐ役割)が弛み、胃から食道に胃酸が逆流する事で起きるものです。

胸焼けになると、胸が締め付けられる様に痛んだり、胸の真ん中辺りが焼け付く様に感じるいった症状が出て来ます。原因としては、暴飲暴食や刺激の強い物の摂取し過ぎなどが有ります。

コーヒーを飲むと胃がもたれたり胸焼けになる原因

コーヒーを飲んで胃がもたれたり胸焼けとなるのは「カフェイン」が大きな原因です。

カフェイン

カフェインには胃酸の分泌を促進する作用が有ります。

外食をすると「食後のコーヒー」は定番の流れですよね。これは、「オシャレだから」という理由で飲むのではなく、食後にコーヒーを飲んで胃の消化を助ける事が目的の1つに有るのです。

実際に、食後に1杯のコーヒーを飲んだ事が原因で胃がもたれてしまったという方はあまりいないのではないでしょうか?

しかし、空腹時のコーヒーは別です。胃の中が空っぽに近い状態でコーヒーを飲むと、胃酸の必要以上の分泌により、胃粘膜が刺激され(荒れ)、結果として胃がもたれてしまうのです。

また、空腹時でなくてもコーヒーを飲み過ぎると胃酸過多により胸焼けとなってしまいます。

胃もたれや胸焼けの予防・解消法は?

コーヒーを飲んで胃もたれにならない為に一番重要なのは、空腹時にコーヒーを飲まない事です。

例えば、朝急いでいて朝ご飯を食べずに出発し、職場に着いてからコーヒーを1杯飲む、これは一番駄目な流れです。クッキーなどちょっとした物でも良いので、必ず何か食べてからコーヒーを飲む様に心がけましょう。

また、コーヒーを薄めにして飲むのも有効です。カフェインが原因で胃がもたれるのだから、カフェインの摂取量を減らすという方法ですね。

症状

但し、元々アメリカンが好きな人であればともかく、薄い味のコーヒーは好きじゃないという方もいるでしょう。

そういう場合はいつもより少し多めにミルク(若しくは豆乳)を入れてみてはどうでしょう。ミルクで胃の粘膜を保護する事も出来るので、一石二鳥ですよ。

なお、実際に胃もたれになってしまった場合は、胃を休めてあげるのがベストです。消化のいい物を食べて、ゆっくりお風呂に入るなどしてリラックスをする様にしましょう。

「食後にコーヒーを飲むのは消化を促すので良い」と上述しましたが、元々胃もたれを起こし易い方は食べた物が胃の中央部分に溜まり易い形をしています。

その様な方は、食後にコーヒーを飲み過ぎると余計に胃がたるみ、消化が進まないといった逆効果になりかねないので注意が必要です。

一方で、胸焼けはコーヒーの飲み過ぎ(カフェインの摂り過ぎ)で起こります。何事もそうですが、過剰摂取はなにかと問題となる可能性を秘めています。従って、胸焼けの予防法としてはコーヒーを飲み過ぎない事が重要ですね。

参考:日常的にコーヒーをたくさん飲む方は、上述した「薄めのコーヒーを飲む」事も胸焼けの予防策として有効ですね。

実際に胸焼けとなってしまった場合は、常温の水や牛乳を飲んで食道を洗い流す様にしましょう。応急処置としては十分でしょう。

スポンサーリンク