コーヒー名人
ガン

コーヒーを飲むと「がん」になりにくい?なりやすい?


コーヒーが好きで毎日の様に飲む方は結構たくさんいますよね。

しかし、飲み過ぎると「がん」になるといった噂をたまに耳にすることがあります。

コーヒーと「がん」には因果関係はあるのでしょうか?ここでは、「がん」になるという噂が本当なのかについて見ていきましょう。

因果関係

スポンサーリンク

がんのメカニズム?

人は呼吸する事で酸素を体に取り入れているのですが、細胞に含まれている脂質(脂肪)と結びつく事で、「脂質が酸化」してしまいます(過酸化脂質といいます)。

そして、この過酸化脂質が「フリーラジカル」という物質を発生し、体内で細胞の突然変異を促進するのです。細胞が突然変異し、分裂・増殖を繰り返した結果、がんが発生すると考えられています。

コーヒーを飲むと「がん」になりにくい!

上記の様に、がんが発生するのは「脂質の酸化」と「フリーラジカルの生成」が主な原因です。そして、近年この2つを抑制する物質として、「ポリフェノール」が注目されているのです。

コーヒーはポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」を含んでいます。

このクロロゲン酸は強い高酸化作用を持っており、肝がんや子宮がんの抑制効果があると言われています。実際に、ウィルス感染者に対してコーヒーがどの様な影響を与えるかを調査したところ、肝がん等のリスクが低くなる研究結果が公表されています。(予防研究グループ

さすがに薬物治療には敵いませんが、過剰摂取をしない限り体への悪影響が無いので、薬が効かない人にはオススメですね。

肝がんとコーヒー

国立がん研究センターの調査によると、1日あたりのコーヒーを飲む量がが増えるにつれて「肝がん」リスクが低くなるということが分かっています。

コーヒーと肝がん

1日5杯以上飲む人にもなると、ほとんどコーヒーを飲まない人と比べて肝がんの発生率は4分の1程度まで低下するという結果になっています。

但し、なぜ肝がんの発症率が減少するのかという原因は解明されていないため、より詳しい研究が必要です。

子宮がんとコーヒー

上記と同じ調査で、「週に2日以下若しくは週3〜日しかコーヒーを飲まない方と比べると、毎日1〜2杯若しくは3杯以上飲む方の方が子宮体がんのリスクが低い」という結果が報告されています。

コーヒーと子宮体ガン

但し、欧米では異なる結果も発表されていることがある為、今後も継続的な研究が必要ですね。

胆道がんとコーヒー

国立がん研究センターの予防研究グループにより、「緑茶とコーヒーの摂取が胆道がんリスクの低下に影響があるか」という研究(多目的コホート研究2015年)が平成7年〜平成22年に渡って実施されていました。

男女約9万人を研究対象とした結果、「緑茶に含まれるカテキンが胆石の生成を抑制する効果があるかもしれない」という結果が出ました。

一方で、コーヒーの胆道がんリスクを低減する可能性にいついては今のところ確認が出来ていません。今後さらに研究を続ける事で何かしらの関連性が解明されるかもしれませんね。

スポンサーリンク