コーヒー名人
モーニングブレンド

ネスカフェのドルチェグストには、様々なラインナップが有りますが、最も朝食に合うコーヒーが「モーニングブレンド」!100%アラビカ豆で出来ており、香ばしくほどよい苦みとキレの有る味わいが朝食にピッタリです。

今回はそんな「モーニングブレンド」を作ったので、以下でカロリーや作り方等を紹介していきます!

カプセル

ドルチェグストでは、味によって箱やカプセルの色が使い分けられていますが、モーニングブレンドは「黄色(橙?)の箱・カプセル」に入っています。

箱

モーニングブレンド上

ネスカフェの推奨する標準的な抽出量は、箱に目盛りの型式で記載されています。ちなみに、モーニングブレンドは目盛りが7つ(約200ml)です。ブレンドコーヒーの中では最も標準的な抽出量が多く、朝食にピッタリのマグカップサイズですね。

1杯あたりのカロリー等

モーニングブレンドは、コーヒーのみで他にミルク等は使用していないので、カロリーはほぼゼロです(作った後でミルク等を追加すると、その分のカロリーは摂取する事になります)。

:カロリーが含まれていない場合は、箱に成分表記がされていません。

作り方

モーニングブレンドは、1杯につきカプセルを一つしか使いません。従って、作り方はとてもシンプルで、手順を間違えるという事は殆ど無いでしょう。

なお、ブレンドやエスプレッソの箱には、ネスカフェ独自の基準による「味わいの強さ」の表記が有り、推奨されている抽出量に従って作った場合の味わいの強さが一目で分かる様になっています。

参考に、モーニングブレンドの味わいの強さは12段階中「」となっています。朝からキツすぎるコーヒーは向かないので、丁度いい感じですね。

味わいの強さ

初めて飲む時は、推奨されている標準的な抽出量で、2回目以降は目盛りを増減させて、自分好みの味わいになる様に調整してみましょう。

では、モーニングブレンドを実際に作る時の手順を、動画で見ていきましょう。

なお、この動画はコンパクトにする為に抽出の部分しか撮影していません。電源を入れる場面から見たい方は「カフェオレ」でどうぞ。

モーニングブレンド

完成しました!量が多いので、結構な飲み応えです。飲みきるまでに冷えてしまうかもしれないので、コップを温めてから抽出する事をお勧めします。

「ドルチェグストの定期便」はマシン代が無料で、カプセルも10%オフで購入出来るのでとてもお得です!

ドルチェグストの公式ホームーページはこちら