コーヒー名人
エスプレッソ

ネスカフェのドルチェグストでは、ブレンドコーヒーやラテ等、様々な種類の本格コーヒーが楽しむ事が出来ます。

今回は、フルーティなアロマだけでなく、まろやかなコクも楽しめる「エスプレッソ」を作ったので、以下でカロリーや作り方等を紹介していきます!

カプセル

箱やカプセルの色は味によって使い分けられていますが、エスプレッソは「濃いピンクの箱・カプセル」に入っています。

箱

箱上

ドルチェグストでは、ネスカフェがオススメの抽出量を、箱とカプセルに目盛り型式で記載しています。ちなみに、エスプレッソは目盛りが2つ(約60ml)です。エスプレッソシングルではさすがに少なすぎるからか、ダブル(2ショット)ですね。

カプセル

カプセル2

1杯あたりのカロリー等

エスプレッソは、作る過程でミルク等は使用しません。従って、カロリーはほぼゼロです(作った後でエスプレッソにミルク等を入れる人はあまりいないでしょうが、追加した場合はその分のカロリーを摂取する事になります)。

:カロリーが含まれていないコーヒーの場合は、箱に成分表記がされていません。

作り方

エスプレッソは、1杯につきカプセルを一つしか使いません。作り方はとてもシンプルですし、量も少ないのであっという間に完成します。

なお、ブレンドやエスプレッソの箱には、ネスカフェ独自の「味わいの強さ」が記載されています。推奨している量で作った場合の味わいの強さが一目で分かる様になっています。

参考に、エスプレッソの味わいの強さは12段階中「」となっています。5なので、それほど力強さを感じないかもしれません。より深みの欲しい方は、「エスプレッソ(インテンソ)」がオススメです。

味わいの強さ

初めて飲む時は、推奨されている標準的な抽出量で飲んでみましょう。そして、2回目以降は目盛りを自分好みの味わいになる様に調整して作ってみましょう。

では、エスプレッソを実際に作る際の手順を、動画で見ていきましょう。

なお、この動画は抽出の部分しか撮影していません。電源を入れる場面から見たい方は「カフェオレ」で確認出来ます。

エスプレッソ

完成しました!エスプレッソは60ml程度しかないですが、濃いのでそんなに一気に飲めるものでは有りません。程よく酸味がきいており、芳醇なテイストが味わえますね。

画像でも分かる様に、表面はクレマ(泡)で覆われています。エスプレッソは、この表面を覆う泡が有る事で、「正統派のエスプレッソ」と言われています。

「ドルチェグストの定期便」はマシン代が無料で、カプセルも10%オフで購入出来るのでとてもお得です!

ドルチェグストの公式ホームーページはこちら