コーヒー名人
コーヒーの包装

コーヒーの保存方法は?冷凍保存が良い?


コーヒー豆は自然の物なので、放っておくと新鮮みが無くなり、劣化してしまいます。

これは、お米でも同じことが言えます。お米は炊く前であれば保存方法を間違えない限り長持ちします。しかし、炊飯器で炊くと、すぐに食べないと一気に劣化が進みますよね。

コーヒーも焙煎前であれば長持ちするのですが、焙煎後は劣化が急速に進みます。従って、すぐに使い切れるのであればそれほど問題ないですが、しばらく保存してゆっくり使っていく場合は、保存の方法に注意が必要です。

保存方法

では、コーヒーをより良い状態で長く保存するにはどうするのが良いでしょうか?以下で見ていきましょう。

スポンサーリンク

保存は冷凍庫が良い!

コーヒー豆や粉を保存するとき、避けなければならないのは以下の四つです。

  • 湿気・・・湿気を吸収するので、カビてしまいます。
  • 高温・・・焙煎後のコーヒー豆や粉は高温に弱くなります。
  • 空気・・・空気に触れるとは一気に酸化が進みます。
  • 光 ・・・直射日光(紫外線)を浴びると傷みやすくなります。

上記の4つを全て避けるには、「密封された袋()に入れて、温度や湿気の低い場所に保存」する必要があります。そしてこれが達成出来る最も好ましい場所、それは冷凍庫です!

どんな袋でも密封すれば良いという訳では無く、酸素や水蒸気を通さないいわゆる「ガスバリア性の高い」素材の袋を使う必要があります。

コーヒーの包装

必ずしも冷凍庫である必要はないのですが、温度は低ければ低いほどいいとされています。従って、保存場所として好ましい順番に並べると以下の通りとなります。

冷凍庫>冷蔵庫>冷暗所>常温


特に夏場の常温保存は絶対に避けて下さいね、あっという間に痛んでしまいます。

保存期間は買う時点で決まっている?

コーヒー豆や粉をお店で買うと、通常は袋に入っていますよね。普段、袋に気をかけることは殆ど無いかもしれないですが、この袋がどの様な素材で出来ているかによって、長期保存に向いた商品なのかどうかが分かるのです。

購入したのが、長期保存に向かないものであれば、極力速く使い切ることが必要となって来ますし、長期保存に適しているのであれば、正しい保存方法によって長い間美味しい状態を保つことが出来ます。

コーヒーを包装している袋はいくつか種類があり、「コーヒーを包装する袋の特徴。素材によって保存期間が変わる!?」で解説しているので参考にして下さい。

冷凍庫から出す時の注意

ガスバリア性の高い袋で冷凍庫保存をすれば、数ヶ月程度は良い状態を保つことが出来ます。しかし、次に「冷凍庫から出す時」に注意があります。

それは、冷凍庫から出した後「完全に常温に戻るまで待つこと」です。

冷たい状態で袋から出してしまうと、抽出温度が低い為、味や香りが薄くなってしまいます。また、一気に使い切るのであればまだしも、残りを再度冷凍庫に入れる場合、残りの豆や粉に結露が起こってしまうので、一気に水分を含むことになります。

劣化を防ごうと思って冷凍庫に入れたのに、出し方を間違って傷んでしまったというのでは本末転倒ですからね、注意しましょう。

スポンサーリンク