コーヒー名人
気候

コーヒーは育てるのがとても難しいと言われる植物です。

コーヒーは、コーヒーノキに出来るコーヒチェリーから作られるのですが(参考記事:そもそもコーヒー豆って何!?コーヒーチェリーやアラビカ種・カネフォラ種とは?)、繊細な植物なのでどこでも栽培出来る、という訳では有りません。

では、コーヒー栽培にはどのような気候や条件が適しているのでしょうか?また、日本国内でもコーヒーの栽培は可能なのでしょうか?

%e6%9d%a1%e4%bb%b6

スポンサーリンク

コーヒー栽培に適した気候や条件

コーヒーを栽培するのに適している気象条件としては、主に以下の3つが有ります。

  • 平均気温は20度前後が最適
  • 年間を通じて昼夜の温度差が適度にあり、日当りも適量
  • 年間雨量が平均で1,500mm以上

コーヒーを栽培するのに適しているのは、平均気温が20度前後と比較的涼しめの地域です。コーヒーと聞くと、暑い国を連想しますよね(実際に、後述する生産国ランキングを見ても、暑そうですよね)。

これには、コーヒーの栽培に土壌が重要という点が関係しています。コーヒー栽培は、有機質が豊富に含まれている肥沃土(ヒヨクド)、特に火山質土壌)が適しています。

:火山質土壌には石灰質土壌と火山性土壌とが有りますが、コーヒーの生産に適しているのは、火山性土壌です。

そういった事情も有り、コーヒー農園は暑そうな国の中でも火山帯や高山の涼しい地域に多いのです。

また、コーヒーの栽培には日当りが重要です。但し、太陽を浴びるのが好きなのですが、強過ぎる日差しも苦手という繊細ぶりです。その為、生産国ではシェイドツリーと呼ばれる高い木を植えて、日差しを和らげる事が有ります。

気候

そして、コーヒー栽培には降雨量が重要ですが、雨季と乾季が有るという事もとても重要です。

これらの条件を満たしている地域は赤道付近、南北回帰線の間の地域(北緯・南緯25度)です。この地域は、コーヒー栽培に適している事から「コーヒーベルト」と呼ばれています。

補足:コーヒーベルトはコーヒーゾーンと呼ばれる事も有ります。

参考までに、2015/16年のコーヒーの主要生産国を見てみると、以下の様にトップ10は全てコーヒーベルトにある国です。

順位生産量(千袋)
1ブラジル49,400
2ベトナム29,300
3コロンビア13,600
4インドネシア11,750
5エチオピア6,500
6ホンジュラス5,700
7インド5,300
8ウガンダ4,500
9ペルー3,500
10グアテマラ3,350
-その他20,392
合計-153,292

コーヒーベルトの各地域の気候は似通っていますが、地質は異なっているので、栽培に適している品種は違います。また、精製方法も地域によって異なるので、味わいにも差が出て来ます。

日本国内でもコーヒー栽培は可能!

日本はコーヒーベルトの外ですが、条件が揃えばコーヒーを育てる事は可能です!

但し、どこでもという訳にはいきません。上述した様に、南国の様な気候の地域でなければ栽培に適さないですからね。

日本国内では、沖縄や小笠原諸島(東京)、奄美(鹿児島)などがコーヒー栽培に適しており、現にこれらの地域ではコーヒー栽培が行われています。

沖縄

但し、いずれの地域も台風がよく通るという問題点が有り、大規模な栽培をするのは困難といった環境となっています。

ちなみに、コーヒーノキを見たいという方は関東でも植物園などで見る事が可能です。また、実をならせるのは困難ですが、ホームセンターで観葉植物として売っている事も有ります。

スポンサーリンク