コーヒー名人

主にエスプレッソをいれるプロフェッショナルとして「バリスタ」がいます。しかし、バリスタになるためには特に必要な資格が無い為、名乗ろうと思えば誰でも名乗れるのが実状です。

そこで、日本バリスタ協会(JBA)がバリスタとしての一定の知識や能力を認定する「JBAバリスタライセンス」認定試験を実施しており、最近注目を浴びています。

受講

ここでは、「JBAバリスタライセンス」の概要や難易度などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

JBAバリスタライセンスの概要

JBAバリスタライセンスは、JBAが認定したスクールで、バリスタとしての知識や技術を身に付けた上で、試験に合格することで取得することが出来る資格です。

レベル1〜3で構成されており、各レベルの水準は以下の通りです。

  • レベル1・・・バリスタとしての基礎的な知識・技術があり、エスプレッソを一定水準で抽出できる人
  • レベル2・・・エスプレッソの抽出に関する高度な知識・技術があり、水・牛乳・マシン等についても知識がある人
  • レベル3・・・バリスタとしての高度な知識・技術があり、ティスティングや接客などを含む高い総合力を持つ人

スクール受講

試験を受けるには認定スクール(東京・大阪・新潟)でレベル1から講座を受講する必要があります。必要な費用や受講日数は以下の通り。

 受講費用受講日数
レベル137,000円(税別)2日間(座学・実技)
レベル250,000円(税別)2日間(座学・実技・テイスティング)
レベル360,000円(税別)2日間(座学・実技・テイスティング)

なお、レベル2とレベル3を受講するには、レベル1若しくはレベル2のライセンス取得後、1年以上が経過していることが条件となっています。

注:ライセンス取得後1年間経過という条件の代わりに、レベル1を90点以上で合格していればレベル2、レベル2を95点以上で合格していればレベル3を受講する事が可能です。

受験資格

試験を受けるには、各レベルに応じた認定スクールでの修了証が必要です(レベル1は、受講修了後1年以内に受験する必要があります。)

また、レベル2を受ける方はレベル1、レベル3を受ける方はレベル2に合格している必要があります。

さらに実務経験が資格要件に求められており、受験日時点でバリスタとして働いている()か、コーヒー関連企業で働いている事が必要です。

:アルバイトでもOKです。

試験内容・費用

受験資格を得たら次は試験です。各レベルの試験内容は以下の通り。

 筆記試験実技試験テイスティング
レベル150問エスプレッソ抽出
カプチーノ製造
レベル230問エスプレッソ抽出
カプチーノ製造
デザインカプチーノ製造
2種類
レベル330問エスプレッソ抽出
カプチーノ製造
デザインカプチーノ製造
カフェフレッドシェケラート製造
5種類

レベル3については、上記に加え論文試験も実施されます。

また、受験費用及び合格後のライセンス登録費用は以下の通り。

 受験費用ライセンス登録費用
レベル115,000円(税別)15,000円(税別)
レベル220,000円(税別)15,000円(税別)
レベル325,000円(税別)15,000円(税別)

なお、レベル3まで取得しライセンスを有する方、若しくはレベル3相当の能力を持つと思われる方でエントリー試験に受かった方は、インストラクター試験を受ける事も出来ます。

難易度

バリスタライセンスの合格基準については非公開とされており、合格人数なども公開されていません。

スポンサーリンク