コーヒー名人
コーヒーマイスター

「コーヒーマイスター」という資格をご存知ですか?スペシャルティコーヒーが注目を浴びる最近のコーヒー事情の中、コーヒー業界に身を置く方も常に知識や技術を磨いていく必要があります。

日本スペシャルティコーヒー協会(以下、SCAJ)は、1999年以降「コーヒーマイスター養成講座」を実施しており、コーヒー業界で働いている方はもちろん、これから開業しようと考えている方や、単にコーヒーのことを学びたい方もしっかり学べる講座が用意されており、認定試験に合格すれば「コーヒーマイスター」を名乗ることが出来ます。

コーヒーマイスター

2015年12月時点で、コーヒーマイスターは全国に3,766名おり、上位資格である「アドバンスド・コーヒーマイスター」の認定者は172名です。

以下では、「コーヒーマイスター」の資格を取得するにはどうすればいいか、講座や試験の概要、取得費用などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

受講資格

コーヒーマイスターの講座を受講出来るのは、SCAJの会員のみです。SCAJ会員の企業や店舗で働いている方は、自分用のアカウントを取得することで申込が可能となります。

それ以外の一般の方は、個人会員として新規会員申込をすることで、コーヒーマイスターの講座申込が可能となります。なお、個人会員の方は講座の受講料とは別に、以下の年会費を支払う必要があります。

区分年会費備考
個人A会員30,000円B・C以外の方
個人B会員20,000円起業予定の方(1年限定)
個人C会員10,000円コーヒー関連業に全く関係の無い方

:C会員は受講申込の優先度が低くなってしまいますので注意が必要です。確実に受講したいのであれば、A会員かB会員になることをお勧めします。

ちなみに、上位資格のアドバンスドコーヒーマイスターは、コーヒーマイスター資格を取得していることが必要となります。

講座受講料

コーヒーマイスターの講座受講料は、39,420円です。この金額には、以下のものが含まれています。

  • テキスト代
  • 実技講習料
  • 教材費
  • カッピングスプーン

なお、アドバンスドコーヒーマイスターの講座や実習の費用は、15,000円〜20,000円程度とされています。

コーヒーマイスター認定までの流れ

コーヒーマイスター資格を取るには、以下の3つのステップを経る必要があります。

  • ①コーヒーマイスター養成講座
  • ②実技講習会
  • ③認定試験

①コーヒーマイスター養成講座

養成講座といっても、専用テキストを用いて各自で自習するスタイルです。講座の募集期間中に申込し、受講料を支払うとテキスト等が郵送されて来ます。

講座の実施時期は固定で決まっている訳でなく(年に2回程度実際されます)、協会のホームページを確認するか、メールマガジンの配信登録をしておけば募集の時期になるとお知らせのメルマガが送られて来ます。

募集期間は10日間と短い上に、人気の講座なので募集開始後2〜3日で締め切られることが多いです。忘れずに、募集開始されたらすぐに申込をする様にしましょうね。

申込が完了すると、テキストが送られて来ますが勉強期間が3ヶ月間設けられているので、その期間にしっかりと自習しましょう。

なお、講座には主に以下の様なカリキュラムが含まれています。

  • コーヒーとカフェの歴史
  • 生豆や産地、産業・経済について
  • コーヒーの抽出技術や食器の知識
  • コーヒーの科学と健康

②実技講習会

勉強期間中に、関西と東京で実技講習会(3時間)が開催されます。この実技講習会に参加しないと認定試験が受けられないので、必ず参加する様にしましょう。

③認定試験

認定試験は勉強期間が経過した翌月に、関西と東京で実施されます。この試験に合格すると、晴れてコーヒーマイスターとなることが出来ます。

試験の形式等は以下の通りです。

  • 試験時間は1時間
  • 問題は記述式100問(マークシートではないです)
  • 60点以上で合格

試験合格率は、公表値で約80%とされています。もし不合格となった場合は、一度だけ追試を受ける事が出来ます(有料)。

アドバンスドコーヒーマイスター認定までの流れ

上位資格のアドバンスド・コーヒーマイスター資格を取るには、「講座→試験」と「実習→試験」の2つの方法があります。

講座(スクーリング)

講座(スクーリング)を受講し、受講後に行われる試験に合格することで、資格認定されます。

講座受講

講座の内容は以下の通りです。

  • ①コーヒーの歴史・科学・健康やカフェの歴史について
  • ②世界のコーヒー協会や各種団体について、スペシャルティコーヒーや生豆について
  • ③コーヒーの産地や産業、経済について

実習(スキルアップセミナー)

4つの実習講座から1つ選んで受講し、実習後の試験に合格することで、資格認定されます。実習は以下の4種類です。

  • 焙煎
  • 抽出(エスプレッソ)
  • 抽出(ドリップ・サイフォン)
  • カッピング

なお、アドバンスドコーヒーマイスターの試験合格率等は公表されておらず、不明です。

スポンサーリンク