コーヒー名人
コーヒーインストラクター

コーヒーインストラクター検定の概要や合格率


ここでは、コーヒー屋さんやコーヒー製造会社などで働く人にオススメのコーヒーインストラクター検定の概要や合格率などを紹介していきます。

検定概要

コーヒー関連の資格はたくさん有るので、やみくもに受けるのではなく1つ1つどういう内容なのかを把握してから挑みましょうね。

スポンサーリンク

コーヒーインストラクター検定の種類

コーヒーインストラクター検定は、全日本コーヒー商工組合連合会が認定する資格試験です。この試験は、コーヒー豆の知識や抽出方法などの基礎知識や商品企画力などまでを問う、日本で初めてのコーヒー関連の検定試験です。

コーヒー鑑定

資格には「コーヒーインストラクター2級」「コーヒーインストラクター1級」「コーヒー鑑定士」とがあります。

コーヒーインストラクター2級

コーヒーの基本的な知識や鑑定の技術を問う試験で、仕事でコーヒーの対面販売をする人や、飲むだけでなくより詳しくコーヒーについて学びたい方向けです。

コーヒーインストラクター1級

2級に合格した方が受験する事ができ、高度なコーヒーに関する知識や鑑定の技術を問う試験です。コーヒーの製造業者で働く方向けで、合格すればコーヒーのプロフェッショナルとして認められます。

コーヒー鑑定士

コーヒー鑑定士は、原料調達や製造・品質管理などに関して極めて高度な知識や鑑定の技術がある方が認定される資格です。

1級に合格した方が受験する事ができ、「商品設計」「品質管理」「生豆鑑定」の内容について専門的な試験が実施されます。

なお、このコーヒー鑑定士の称号は、ブラジルで認定される資格である「コーヒー鑑定士(クラシフィカドール)」とは、関係ありません。

試験の概要

ここでは、試験の概要について紹介していきます。

受験資格

認定資格受験資格
2級講習会の受講(1日)
1級2級合格+講習会の受講(2日)
コーヒー鑑定士1級合格+講習会の受講(3日) 

:1級の受講内容は、初日が「学科」、2日目が「実技」です。コーヒー鑑定士の受講内容は、「商品設計」「品質管理」「生豆鑑定」についてそれぞれ1日ずつとなります(試験もこの3科目実施されます)。

各資格共に、受験には年齢や国籍などは問われませんが、試験の1ヶ月程前に実施される講習会を受講する必要があります。

なお、講習会を受講して試験に不合格となった場合、次回の受験に限って講習会の受講が免除されます。

講習会の受講定員

認定資格受講者定員
2級700名
1級300名
コーヒー鑑定士24名 

:内訳は新規受講者が20名・再受講者が4名となっています。

各資格共に、東京や関西地方などで実施されますが、応募者数が多く定員を超えている場合には抽選で受講者を選ぶことになります。

受験に必要な費用

認定資格講習会検定認定登録料検定教本合計
2級22,000円5,000円5,000円4,000円36,000円
1級37,000円10,000円5,000円4,000円56,000円
コーヒー鑑定士40,000円10,000円5,000円 4,000円59,000円

:コーヒー鑑定士の認定登録料は5,000円ですが、科目合格の場合は3,000円となります。

検定教本は、事前に全日本コーヒー検定委員会事務局に連絡をして買っておく必要があります。事前に入手していない場合、講習会受講時に教本代が別途必要となります。

検定試験

認定者数

2015年6月時点で資格認定を受けている人数は、以下の通りです。

認定資格認定者数
鑑定士
(商品設計)
39人
鑑定士
(生豆鑑定)
46人
鑑定士
(品質管理)
25人
1級764人
2級9,521人

また、合格率は2級が90%程度、1級が20%程度、鑑定士が3%程度となっています。鑑定士は、非常に難易度が高いことが分かりますね。

スポンサーリンク