コーヒー名人
エスプレッソ

コーヒー職人「バリスタ」とは?どうすればなれる?


「バリスタのいるカフェや喫茶店」というと、何だかカッコいい気がしますよね。こだわりのある方であれば、有名バリスタがいるお店を好んで訪れることもあるでしょう。

ところで、この「バリスタ」とはどういう人たちの事を言うのでしょう?また、バリスタにはどうすればなれるのでしょうか?

バリスタとは

スポンサーリンク

バリスタとは?

バリスタというと、日本では「エスプレッソ系のドリンクをいれるプロフェッショナル」で、「バールの経営能力も備えている人」を一般的に指します。

但し、明確な定義がある訳ではなく、バリスタと名乗るのに資格も必要ありません。

エスプレッソ

そもそもバリスタ(barista)は、イタリア語で「バール(bar)のサービス(-ista)をする人」から来ています。つまり、カクテルを作る人を意味する英語の「バーテンダー(bar+tender)」の様な物ですね。但し、どちらも語源は同じですが、国によってbarの在り方が異なる為に、別の意味を持つ様になっています。

日本人がイメージするバーがというと、夜に営業しているカクテルなどのアルコールを提供するお店ですよね。しかし、イタリアでいうバールは、昼と夜で業態が異なります。昼はエスプレッソ系を提供し、夜はアルコールを提供するのがバールなのです。

バリスタになるには?

上記の様に、日本でバリスタと名乗る為に必要な資格は特にありません。

しかし、特に何の知識も無い方がいきなり「バリスタです!」と名乗っても、技術が付いて来ていないので信用性が無いですよね。

そこで、多くの方は以下の3つの方法からバリスタとしての経験を積むことになります。

  • スクールや専門学校で学ぶ
  • バールやカフェで経験を積む
  • 海外のバールで修行する

なお、スクールの一種ですが、日本バリスタ協会(JBA)では3段階の「JBAバリスタライセンス」を取る事ができ、効率良くバリスタとしての知識や経験を積むことが可能です。

また、バリスタとしての能力を試すために、「日本スペシャルティコーヒー協会」が時間内に定められたドリンクを提供し、味や作業の適切性、正確性等を競う「ジャパンバリスタチャンピオンシップ(JBC)」を開催しています。

jbc

ちなみに、ヨーロッパの「欧州スペシャルティコーヒー協会」では、バリスタとして実務経験がある方の為に、3段階のレベルがある筆記・口頭・実演試験が用意されており、バリスタとしての能力を測ることが出来ます。

スポンサーリンク